仕事のストレス解消発散方法|人間関係もパワハラ上司もウツになる前に撃退しましょう

仕事のストレス解消発散方法

 

「仕事辞めたい」「今の職場から逃げて、南の島にでも行ってノンビリと過ごしたい」「思い切って仕事を辞めて、転職したい」

 

―ついついこんなことを考えてしまうかたは、
仕事のストレスが溜まっているのではないでしょうか。

 

どんなことで仕事のストレスを感じるのか、その原因と解消方法をまとめてみました。

 

 

人間関係のストレス

仕事のストレスの原因で、もっとも多いのは人間関係です。

 

仕事での人間関係は、退職理由やストレスによるうつ病の原因第1位ともいわれています。

 

では、人間関係のストレスを解消するためには、どうすればよいのでしょうか。

 

 

他人は変えられない

重要なのは「他人は変えられない」という事実を理解することです。

 

職場の人間関係のストレス解消法として具体的な例を挙げると

 

  1. 他人をコントロールしようとしない
  2. 自分の心のあり方を変える
  3. 環境を変えてみる

 

の3つになります。

 

他人を変えられないことにストレスを感じるということは、状況が自分の思い通りにならないことに対する苛立ちではないでしょうか?

 

相手とあなたは別の人間なので、相手の気持ちをコントロールすることはできません

 

しかし、逆に考えれば自分の気持ちはコントロールすることができるのです。

 

他人ではなく自分の心に焦点をあてて物事を眺めたり人と接するようにすると、人間関係のストレスが軽減してゆくことでしょう。

 

 

環境を変えてみる方法

3番目の環境を変えてみる方法は、たとえば今の部署の人間関係に煮詰まりを感じているのであれば、異動願いを出してみるなどの具体的な方策です。

 

行き詰まって悩んでいるのならば、しばらくの間仕事を休んでみるのもいいかもしれません。

 

それもできないのであれば、あなたが苦手としている相手と、
関わりかたを変えるなどして少しずつ物理的な距離をおくようにしましょう。

 

 

人間関係が原因でうつ病、もしくは一歩手前

もしも人間関係が原因でうつ病、もしくは一歩手前のかたは、すぐにでも休みをとるのがよいでしょう。

 

病気になりかかっているのに休みをもらえないような会社であれば、
思い切って辞めてしまったほうがよいと言えます。

 

何故なら自分が壊れてしまっても、会社は保障などしてくれないからです。

 

 

人間関係が解消されない

仕事のストレス解消発散方法

どうしても人間関係が解消されないのであれば、会社を辞めることを視野に入れてもよいでしょう。

 

しかし、過去にも人間関係を理由に退職したことがある人は要注意です。

 

  • 自分にも人とのかかわり方に問題があるのではないか?
  • 次の会社もまた同じ理由で辞めることにならないか?

 

など、己を振り返ってみるようにしましょう。

 

 

万人に好かれることは不可能

誰しも万人に好かれることは不可能です。

 

「他人から嫌われたくない」という気持ちが強いあまり、しつこくしたりおべっかを使ったりしていませんか?

 

一度、自分を客観的に確認してみてください。

 

もし当てはまるようなら、あなた自身の心がけ次第で人間関係を変えられる可能性があります。

 

しかし、自分で自己分析するのが難しいと感じる人もいます。

 

そのようなかたには、転職サイトに登録することをおすすめします。

 

転職サイトでは、自己分析してくれる適正診断などのツールを掲載しています。

 

いますぐ仕事を辞めなくても、まずは転職サイトに登録することで自分を見つめなおすきっかけになるといえるでしょう。

 

 

上司のストレスの場合

仕事のストレス解消発散方法

職場の人間関係の中でも一番やっかいなのが、上司から受けるストレスだといえるでしょう。

 

嫌な同僚や派閥などは避けることも可能ですが、
直属の上司との相性が最悪な場合は逃げることもできません。

 

 

上司がマイクロマネージメントタイプな場合

もしも、あなたの上司が部下の行動を細かく管理したり、一切の裁量権を与えないマイクロマネージメントタイプな場合は、朝職場に行って上司の顔を見ただけで嫌な気分になるでしょう。

 

上司から信頼されていないと感じたり、生産性が低いからもっと頑張るようにと常に励まされていると、それがストレスになります。

 

仕事のストレスは家庭にまで持ち込んでしまうことが多く、そのせいで家族との関係やプライベートな生活まで悪影響を受けてしまいます。

 

 

気持ちを切り替えて上司との接し方を変えてみる

上司のストレスを解消するのは、簡単ではありません。

 

まずは人間関係のストレス解消の基本として、
自分の気持ちを切り替えて上司との接し方を変えてみるようにしましょう。

 

自分を見つめなおす機会は大切です。

 

上司との関係が悪いのは、案外自分のほうにも原因があるのかもしれません。

 

 

部署の異動を願い出る

仕事のストレス解消発散方法

もしそれでも上司がストレスに感じるのであれば、部署の異動を願い出てみましょう。

 

人事部や移動先の部署のキーパーソンに話してみましょう。

 

ただし、異動することを現在の上司に悟られて邪魔されないよう、事は慎重に運びましょう。

 

異動が上手くいけば、仕事を失わずに嫌な上司とサヨナラできます。

 

 

場合によっては上司と闘わなくてはならない

上司があなたに酷いことをしたからといって、仕返しをするべきではありません。

 

しかし、場合によっては上司と闘わなくてはならないこともあります。

 

そのための準備はしておきましょう。

 

例えば、あなたの達成した仕事や実績を書面化する
ワークダイアリーをつけておくのもよいでしょう。

 

これは、上司があなたの仕事ぶりや生産性に文句をつけたときに、

 

自分の働きを証明するときに役に立ちます。

 

 

直接上司と話し合ってみる

もし上司が悪意だけの人ではないと信じられるのであれば、直接上司と話し合ってみるのもよいでしょう。

 

素直に礼儀正しくアプローチすれば、案外功を奏するかもしれません。

 

上司自身も忙しさからストレスを抱えていて、さらに上席の上司から厳しいプレッシャーを受けているのかもしれません。

 

そうであれば、上司もあなたの辛さに理解を示してくれるかもしれないのです。

 

 

上司に直接訴えることができない

上司に直接訴えることができないのであれば、人事部かさらに上の上司に相談してみましょう。

 

ただし、やはりこれも慎重に事を運ぶようにしましょう。

 

なぜなら、上の人間が上司と親密だったり、
当の人事部が上司に告げ口をする可能性もあるためです。

 

そのため人事部や上の上司が信頼できる人である場合のみ、相談しましょう。

 

そのときにはくれぐれも上司の人格を否定するのではなく、

 

問題となっている状況や振る舞いについて話すようにしましょう。

 

 

転職サイトに登録

最後の手段は職場を辞めることですが、これはあくまでも最終手段です。

 

手始めにまず、転職サイトに登録してみるのもよいでしょう。

 

転職サイトではコミュニティの場を設けているところもあるので、
そこで上司との関係を相談することもできます。

 

 

 

仕事内容のストレスの場合

仕事のストレス解消発散方法

仕事のストレスの原因で、人間関係の次に多いのが仕事内容のストレスだといわれています。

 

入社したときに説明されたものとは違う仕事をやらされたり、
仕事量が多く残業が続いたり、
頑張っているのに正当な評価をもらえないなど、

 

仕事そのものがストレスになってしまうと職場を辞めるしかないのかと思いつめてしまいます。

 

しかし、不満を抱いて愚痴を吐いている段階なら、まだ辞めるときではありません。

 

 

一度キッパリと断ってみる

例えば、頼まれた仕事の量が多すぎたり関係のない仕事まで頼まれるのであれば、一度キッパリと断ってみましょう。

 

無責任に思われるかもしれませんが、

 

キャパオーバーであることや自分の役割ではないことを伝えるのも仕事のうちです。

 

また、評価や社風、給与への不満などは上司に相談したり、自分の働き方を変えてみるなど状況を変える方法はいくらでもあります。

 

仕事内容自体が合わないと感じたり、
入社時とは違う仕事をさせられているのなら、

 

部署の異動を願い出てみるのもよいでしょう。

 

まずは自分が行動に出ることで、現状を打破するのです。

 

 

ストレスを感じやすい人

仕事内容にストレスを感じやすい人もいます。

 

周囲の視線を気にしすぎる人

特徴としては、周囲の視線を気にしすぎる人は、自分の仕事ぶりがどう見られているのか気にするあまり、過度なストレスに晒されます。

 

 

負けず嫌いな人

また、負けず嫌いな人も要注意です。

 

ライバル心を持つことで仕事のモチベーションが上がるのなら結構ですが、

 

そのような人は仕事で他者に負けたときや仕事でミスをしたときのショックが大きく、立ち直りも遅くなります。

 

他人は他人、自分は自分と割り切ることが大切です。

 

 

人一倍責任感が強い人

人一倍責任感が強い人も、ストレスを受けやすい体質といえるでしょう。

 

責任感が強く真面目な人は、社内のことや仲間に対しても責任を持とうと頑張ってしまいます。

 

また、生真面目すぎて仕事が趣味になっている人も、ストレスに押しつぶされる可能性が高いといえます。

 

プレッシャーに潰される前に、時には責任を放棄して肩の力を抜き、プライベートで発散できるように気持ちを切り替えましょう。

 

 

心配性な人やイエスマン

心配性な人やどんなことにもイエスと言ってしまう人も、ストレス体質です。

 

こういった人は自分に自信がないので、仕事でもおどおどした態度を取ってしまい、営業やサービス業だと特に失敗が多くなります。

 

人の顔色を伺ってばかりいるイエスマンも、ストレス耐性が低いといえます。

 

人に賛同するのは悪いことではありませんが、何でもイエスと言うと自分の意見がない人間と見なされ、仕事に積極性がないと誤解されてしまいます。

 

 

優しすぎて世話好きの人

優しすぎて世話好きの人も、ストレスを溜め込みやすい性質だといえます。

 

優しい人はすぐに責任を背負い込むので、

 

うつ病やニート、引きこもりになりやすいともいわれています。

 

時には自分の思ったことをはっきり口に出したり、
頼ってきた人を断る勇気を持つことも大切です。

 

 

仕事内容でストレスを感じている人

仕事内容でストレスを感じている人は、転職サイトに登録してみるのもよいでしょう。

 

転職サイトでは、その人の適性にあった仕事を紹介しています。

 

今の仕事が合わないけれど、自分に合った仕事もよくわからずに迷っているかたにもおすすめです。

 

 

パワハラのストレスの場合

仕事のストレス解消発散方法

職場内の優位な立場を利用した嫌がらせを意味する

 

「パワーハラスメント(パワハラ)」は、今や知らない人がいないほど有名な言葉になりました。

 

言葉の認知は広がっているのに、各都道府県の労働局などが設けている相談コーナーの、

 

「いじめや嫌がらせ」に関する相談は増え続け、パワハラに悩む人は減ることがありません。

 

パワハラは職場内での優位性を背景にしたいじめです。

 

そのため、上司から部下へ行われることが大半ですが、中には同僚から同僚へ、正規職員から非正規職員へ、また部下から上司へのパワハラも報告されています。

 

 

どうしてパワハラが起こるのでしょう?

パワハラが発生しやすい職場環境の要因として、

 

「信頼関係の欠如」
「上司と部下の間のコミュニケーション不足」が挙げられます。

 

次のようなコミュニケーション不足が上司と部下の間にあると、パワハラが起こりやすいとされています。

 

  • 1.上司と一対一で話す機会がほとんどない
  • 2.指示はメールだけ、しかも用件だけのそっけない内容
  • 3.部下の仕事内容や仕事ぶりに、上司が無関心
  • 4.上司が数値やクレームだけで、仕事ぶりを判断している
  • 5.頑張って仕事をしているのに、ねぎらいの言葉もない

 

・日ごろからコミュニケーションを取ろうとせず、部下の気持ちや仕事のプロセスに関心を持たない上司に対し、部下は不信感を持ちやすくなります。

 

そのため、上司と部下の間に信頼関係があるかどうかで

 

言葉や態度の受け取り方が180度変わってしまいます。

 

 

1.上司から「お前はバカだなあ」と言われた

→信頼している上司なら「気にかけてくれた」と感じる
→信頼していない上司なら「侮辱されて批判された」と感じる

 

 

2.廊下で挨拶したのに、上司から反応がなかった

→信頼している上司なら「考え事でもしていたのかな?」と感じる
→信頼していない上司なら「無視された!」と感じる

 

 

このように、信頼関係が築けていない部下だと、上司の何気ない言葉や態度を批判や攻撃だとマイナスに受け取ってしまうのです。

 

もしかしたら、上司は仕事に追われて部下と話をする暇もないのかもしれません。

 

部下に業務上の指導をしているだけで、批判のつもりなどない場合もあります。

 

 

万能感を持ちそのために尊大に

人間は、「パワー」を持った途端に万能感を持ち、そのために尊大になりやすいという心理もパワハラの原因となっています。

 

上司という他より一段高い位置にいると、無意識のうちに態度が尊大になります。

 

それは、指揮する権限を持つ優越感や

 

「下になめられないように威厳を示さなければ」という焦燥感などから来るものと考えられます。

 

 

何も言えない「イエスマン」

そんな上司の機嫌を損ねないよう、部下たちは気を使って持ち上げようとします。

 

上司から睨まれることを恐れて理不尽なことを言われても、何も言えない「イエスマン」になってしまうのです。

 

部下がそんな態度で従っていると、上司はますます自分を過信し万能感を感じるようになります。

 

万能感に陶酔し続けていると、平気で部下を傷つける発言をしたり、部下を自分の都合のいいように扱うようになり、パワハラに繋がるのです。

 

 

「できる上司」ほどパワハラが発生しやすい

仕事のストレス解消発散方法

さらに、「できる上司」ほど部下の心情を理解しにくく、パワハラが発生しやすいともいわれています。

 

上司に抜擢される資質を持っている人は、もともとが優秀な「ハイパフォーマー」です。

 

頭脳明晰で機敏な行動力があり、コミュニケーション能力も高く頑健な精神を持っている優れた人材であるということです。

 

こうしたハイパフォーマーは、そうでない

 

平凡な人の心情をなかなか理解できません。

 

例えば、自分なら1日でできる仕事に3日もかかっている部下に対して「のろまだな」と感じてしまったり、

 

早めに手を打たずに課題を放置している部下に「空気が読めないヤツで、いつもボケッとしている」と思ったり、

 

ちょっと叱っただけで凹む部下に「打たれ弱い。自分はこの何倍も辛い目にあっても耐えてきたのに」と思ってしまいます。

 

このように、自分ほどの能力を発揮できない部下の行動を分析せず、改善の為のサポートもせずに

 

「努力不足」「根性が足りない」と決め付けることが、部下からパワハラと捉えられる例も少なくありません。

 

 

上司側もプレッシャーをかけられて苦しんでいる場合

実は、上司側もそのまた上司からプレッシャーをかけられて苦しんでいる場合もあります。

 

上司が会社の社長だとしても、社長の更に上の上層部からお金を得ている場合は、そのプレッシャーに押しつぶされていることもあります。

 

パワハラは、加害者側もある意味被害者であることが多いといえます。

 

そのため、上司はまず自分の言動を振り返り、部下は上司がなぜパワハラをするのかを理解し、話し合う必要があります。

 

上司と直接話し合うことが怖い場合は、職場内の相談窓口や地域の労働相談窓口に行ってみるのもよいでしょう。

 

どこに相談してもパワハラが解決しない場合は、転職するのもよいでしょう。

 

でも、すぐに辞めようとは思わずに、まずは転職サイトに登録してみましょう。

 

転職サイトでは自分に合った適職を見つけられるだけではなく、パワハラ被害にあった場合などのQ&Aも掲載されており、専門のアドバイザーに相談することもできるので、おススメです。

 

 

セクハラのストレスの場合

仕事のストレス解消発散方法

・セクハラつまり「セクシュアルハラスメント」は、女性の就労において大きな問題といえるでしょう。

 

上司や同僚からのセクハラに悩むあまり、心身ともに疲れ果ててうつ病になってしまう人もいます。

 

しかし大前提として、セクハラを受けて悩んでいるあなたは何も悪くありません。

 

職場でセクハラが発生しないよう対策を講じるのは、事業者である会社の義務です。

 

セクハラを受けたら我慢することなく、自分を守るために行動しましょう。

 

 

大切なのは1人で悩んで抱え込まないことと、我慢しないこと

セクハラは女性の心を傷つけ、仕事を辞めようかと思うくらい追い詰められることもあります。

 

しかし、もしあなたが会社自体に不信感があったり、いろいろな人に相談しているのに解決しない場合を除いて、退職する前にまずできることを考えてみましょう。

 

 

会社の相談窓口を利用する

セクハラやパワハラなどの相談窓口を設けている会社であれば、我慢せず相談するようにしましょう。

 

会社側には相談内容の秘密を守る義務があるので、安心してください。

 

もしも窓口に相談したことで嫌がらせを受けるハメになったら、

 

そのようなコンプライアンスを守れない会社に在籍している価値があるかどうかも検討する必要があるでしょう。

 

窓口を設けていない会社ならば、労働組合に相談することをおすすめします。

 

 

公的機関に相談する

社内に相談窓口がない場合は、都道府県の労働局雇用均等室を利用するとよいでしょう。

 

相談はすべて無料ですし専門の相談員が対応してくれるので、当然秘密も守られます。

 

 

本人にセクハラをやめて欲しいと言う

仕事のストレス解消発散方法

セクハラの加害者側に、「セクハラをしている」という認識がない場合もあります。

 

女性を軽視している男性や、「この言動がセクハラである」ということを理解していない男性は、悪意なくセクハラを行うことが多いといえます。

 

まずはセクハラをしていることを、相手に理解してもらわねばなりません。

 

今の職場で働き続けたいのであれば、角の立たない方法で伝える必要があります。

 

大勢の人が居る前で「セクハラです!」と訴えるのは逆効果です。

 

二人きりのときに冷静に「やめて欲しい」と伝えるか、
あらかじめ相談があることを伝えて、オープンスペースでフランクに話せる環境で、

 

なおかつ他の人には聞こえない場所を選んで話すのがベストです。

 

最初の相談はメールでするというのもよいでしょう。

 

まずは気持ちを伝えることを優先して、

 

  • 「セクハラをやめて欲しい」
  • 「あなたの言動は受け入れられない」
  • 「関係を悪化させたいわけではない」
  • 「できれば今の仕事を続けたい」
  • 「変えられないのであれば退職も検討している」

 

と冷静に話しましょう。

 

 

上司に相談する

パワハラと同じく、セクハラも上司から部下へと行われることが多いとされています。

 

上司がセクハラをしてくるのであれば、その上の上司に相談してみましょう。

 

その際

 

  • 「どのような言動でセクハラをされているか」
  • 「上司に罰則を与えたり降格させたいわけではない」

 

など、状況に応じて話しましょう。

 

ただ、「どのような言動を受けているか」を話せないほど酷い場合は、公的機関に速やかに報告したほうがよいでしょう。

 

 

絶対にひとりで抱え込まない

セクハラを受けた際に相談する相手は、上記だけにとどまりません。

 

友人や同僚、先輩などに信頼できる人がいれば、一刻も早く相談してください。

 

被害が大きい場合は弁護士などの専門家に頼ることも可能です。

 

 

周囲に話せる人が誰もいない環境

もしも周囲に話せる人が誰もいない環境であれば、転職サイトの掲示板などで相談してみるのもよいでしょう。

 

転職サイトは転職や適職の情報を掲載しているだけではありません。

 

転職や退職の際の悩みにも答えてくれます。

 

もしもセクハラで悩んでいて誰にも相談できずに苦しんでいるのなら、転職サイトに登録して、アドバイスを乞うてみてください。

 

必ず話を聞いてくれて、どのように対処すればよいのか応えてくれる人が見つかるはずです。

 

 

異動などによるストレスの場合

仕事のストレス解消発散方法

異動によるストレスは、今まで覚えてきた仕事とは違う仕事を、

 

ゼロから覚えなおさなくてはならないという不安感から来るものがほとんどです。

 

まったく畑違いの部署に異動することもあり、事務から営業や技術職へ回されることもあれば、

 

逆に製造や営業だった人が事務の部署に異動することもあります。

 

 

環境の変化もストレス

仕事以外にも、環境の変化もストレスになります。

 

今までとは違うオフィスで、新しい机や道具にも慣れなくてはなりません。

 

人によっては、他のオフィスや営業所などに異動することになって、通勤時間が長くなってしまうこともあります。

 

 

異動先は知らない人たちばかり

さらに、今まで慣れ親しんだ部署とは違って、異動先は知らない人たちばかりです。

 

その人たちの中に早く溶け込んで、仕事を覚えなくてはなりません。

 

新しい異動先で、知らない人たちにマイナスの評価を受けたくないというプライドも働くでしょう。

 

そうなると、とにかく失敗しないよう常に緊張状態で仕事をすることになります。

 

しかし、緊張状態が続くと自律神経の乱れなどの体調不良を起こしてしまうこともあります。

 

早く異動先に慣れる必要がありますが、どうすればよいのでしょうか。

 

 

異動先の人の気持ちになって

異動がストレスになった場合は、まず異動先の人の気持ちになって考えてみましょう。

 

誰も異動してすぐの人に、即戦力になって欲しいなどとは思っていません。

 

受け入れる側の人たちも、
「最初はわからないだろうから、新人と同じ」と温かく迎え入れてくれるはずです。

 

異動したばかりなのだから、仕事ができないのは当たり前。

 

逆に何でも質問できる特権を手に入れたと思っておきましょう。

 

その代わり、一度教わったら必ずメモを取るようにし、しっかりと仕事を身につけるようにしましょう。

 

 

通勤時間が長くなることがストレス

仕事のストレス解消発散方法

家から近くて便利な職場に通っていた人が、
急に遠くの支店や営業所などに異動になってしまった場合

 

通勤時間が長くなること自体がストレスになります。

 

しかし、これを逆に自分にとってのチャンスと考えるようにしてはいかがでしょう?

 

独身者であれば、利便性を追求して移動先に近い場所に引っ越すのもよいでしょう。

 

生活の場所を変えることで、新しい未来が開ける可能性もあります。

 

家庭があって引越しできない人は、長い通勤時間を仕事のテキストなどを読む時間に充ててみてはいかがでしょう?

 

キャリアアップのための通信講座の勉強をしてみるという手もあります。

 

 

人間関係に慣れようとして焦るのはやめましょう

異動先で早く仕事や人間関係に慣れようとして、焦るのはやめましょう。

 

余計にストレスを感じてしまいます。

 

会社と家を往復するだけではなく、仕事以外に自分磨きをすることを考えてみましょう。

 

異動を機に今まで疎遠になっていた人と連絡を取り合ったり、新しいサークルやイベントに行ってみるのもよいでしょう。

 

スポーツやエステなどで気分をリフレッシュすることもおすすめです。

 

一番やってはいけないのは、
家に引きこもってネットに依存することです。

 

できるだけ、外に出るよう心がけましょう。

 

 

どうしても移動先になじめない

どうしても移動先になじめない人は、思い切って転職を考えてみるのもいいでしょう。

 

でもすぐに辞めるのではなく、まずは転職サイトに登録して自分の市場価値や別の職種への可能性を探ってみるのはいかがでしょうか。

 

転職サイトに登録しても、すぐに仕事を辞める必要はありません。

 

自分のキャリアの棚卸しと考えて、気軽に登録してみましょう。

 

 

 

お客さん・取引先のストレスの場合

仕事のストレス解消発散方法

日本の徹底したサービスとおもてなしの心は、

 

海外から見てちょっと異常だと思えるくらい高い水準を誇っています。

 

日本にいると接客が丁寧なのは当たり前に感じますが、一歩海外へ出てみると違うことを痛感します。

 

海外だと、店員同士が喋って遊んでいたり、面倒なお客に対して露骨に嫌な顔をすることも普通です。

 

 

日本式の過剰なサービス

日本式の過剰なサービスと丁寧さは、

 

時に安い料金で最上のものを求めようとするお客にへりくだり過ぎてしまいます。

 

このことが、いわゆる「モンスタークレーマー」を産む土壌となっていると言えるでしょう。

 

そんな困ったお客様と日々相対する接客業に就いている人は、過度のストレスにさらされます。

 

お客から酷い暴言を吐かれたことがトラウマになり、二度と接客やサービス業に従事したくないと思う人もいるほどです。

 

 

嫌な取引先

ストレスにさらされるのは、接客業だけではありません。

 

会社で営業をしていると、嫌な取引先にあたることも少なくありません。

 

取引先に対しては常に低姿勢にしなくてはなりませんが、これがストレスとなり、

 

営業成績に響いたり自分のプライベートにまで悪影響を及ぼすことがあります。

 

 

接客サービス業でストレスを溜めない

接客サービス業でストレスを溜めないためには、いくつかのコツがあります。

 

その1つに「無理に笑顔を作らない」というものがあります。

 

接客は笑顔でするというのは常識にも思えますが、無理をして作った笑顔は逆効果の場合があります。

 

理由は3つ。

 

  • 1.売るのに必死な感じがする
  • 2.接客サービスがわかっている人には作り笑顔がバレてしまう
  • 3.買う気のないお客には重荷になってしまう

 

これらは、自分がお客になったときのことを考えてみるとよくわかるでしょう。

 

買う気のないときにガンガン接客に来られると、引いてしまいます。

 

もちろん、笑顔が悪いわけではありませんし、無愛想にしろというわけではありません。

 

どんなお客にも受け入れられるのは「自然な態度」なのです。

 

 

「自然な態度」であるために

「自然な態度」であるためには、お客さんと適度な距離を取りましょう。

 

知らない人とのパーソナルスペースの最低ラインは120センチといわれています。

 

そして、言葉遣いは相手に合わせるようにしましょう。

 

お年寄りや子供にまでマニュアル通りの受け応えをしていると機械的に見えてしまいます。

 

また、お客にセールストークをまくしたてるのではなく、お客さんの話を聞くことも大切です。

 

誰でも、自分の話を聞いてもらうほうが好きなもの。

 

お客の心をつかむことができれば、自分の営業成績や売上も必ず上がってゆくでしょう。

 

お客さんや取引先でストレスを抱えたときには、転職サイトに登録してみるのもよいでしょう。

 

転職サイトでは、スキルアップのための通信講座の案内なども行っています。

 

違った業種にチャレンジしてみる、いい機会になるかもしれません。