メンタルが弱い人におすすめの仕事 ありますが、転職サイトに登録して向いている仕事をアドバイザーに聞いてみましょう

メンタルが弱い人にオススメの業種は個人事業

メンタルが弱い人にオススメの業種は個人事業

メンタルが弱い人は基本的には自分で個人事業をやった方が良いです。

 

難しそうに思うかもしれませんが、ピンキリで、簡単に受託できるものもあります。しかし、ステップアップのためには当然勉強していくことは必須なので、それは必要です。

 

しかし、慣れれば勉強する方向性も見えやすいので、最初が大変ということです。勉強の中心となるのは当然市場の分析で、広い意味でお金の動きを知るということになります。個人事業ではネットを中心にやっていく場合が多いですが、ネットが実はお金の流れがわかりやすいです。

 

ネットで収益を得ていない業者はない

というのも、ネットで収益を得ていない業者はないからです。ネットでものを販売していなくてもホームページがあったりするので、かなりの情報をネットから得ることが可能です。なので、ここからの情報収集を行っていくことが最善策です。

 

まずは個人で収益を得る方法を知り、その一つ一つの詳細を知っていくという流れになります。さらに知ったうえで自分がやってみるものがあれば具体的に進めていくことになります。これらは勉強して実践していくものなので気が強い弱いは関係ないです。淡々ととは言わないですが、好奇心をもってやっていくということになります。

 

自分の頭で考えることが必要

気が弱いという自覚があるのであれば、その分自分の頭で考えることが必要です。気が強い人も考える必要はあるのですが、気が弱い人の方がしっかり考えていかなければつまずくリスクが高いでしょう。気にしやすい傾向にあるので、失敗にショックを受けたりします。

 

そして、考えるというのは自分の頭でゼロから生み出すのではなく、情報を得てそれを基に自分ができることやりたいことを割り出していくということになります。なのでまずはどのような収益化があり、何を身に付けていくかという戦略を練ります。

 

転職アドバイザーに相談

転職アドバイザーに相談

転職サイトに登録すれば転職アドバイザーに相談できますが、丸投げはしない方が良いです。

 

丸投げというのは自分に向いている仕事がわからないから教えてくれということです。当然ですが、アドバイザーはそれはわからないです。しかし、その人に向いている仕事がわからなくても入れたい会社というのはあります。

 

どういう会社かというと、人が集まらないからぜひとも欲しいという状態で、転職アドバイザーに対して高い報酬を支払う企業です。なぜ人が集まらないかというと労働環境の問題などから人がどんどん辞めていくというのはあります。

 

報酬の高い仕事を勧めてきます。

転職アドバイザーはこのような企業に入れた方報酬をもらえるので、当然自分に向いている仕事がよくわからないという求職者がいれば、報酬の高い仕事を勧めてきます。求職者に対してはこれが向いていそうというように言うでしょう。

 

はっきり言って、人間の能力にはよほどの場合でなければ大差ないですし、積み上げてきたものの違いのようなものです。ましてや普通の会社の仕事はだいたい誰でもできます。向き不向きというのもだいたい単にそれをやってみたいと思っているのかという程度の場合が多いでしょう。

 

また会社員がやることもそんなに変わるわけでもないです。経営者の意志に従って役割分担して会社のために働いてくれればそれでよいという感じでしょう。

 

資格について

資格について

資格を一生懸命取ろうとしている人がいたり、それは業務では使えないと言っていたりする人もいますが、それは経営者が判断することでしょう。

 

経営者がこの資格をもっている人がほしいということであれば必要ですし、そうでないのであればいらないです。

 

個人事業に資格は関係ない

また個人事業の場合には実践が重要なので資格はまったく関係ないです。特殊な作業は必要ですが、それはその資格がなければ業務ができないというようなものに関してです。

 

自分のためを思うのであれば資格を取るよりも市場分析して効率よく稼ぐ方法を考える方が資本主義の観点からは良いのですが、会社を思うのであれば会社に必要な資格を取れば良いでしょう。

 

資格は経営者次第で有利になる

転職に資格があった方が有利かということを言う人がいますが、それは経営者次第です。学校のテストのように何点取ったら入れるというものでもないので、業務上や印象としてあった方が良いのであれば取れば良いです。

 

転職アドバイザーの全部を言う通りにするのは辞めましょう

転職アドバイザーの全部を言う通りにするのは辞めましょう

メンタルの弱い人は特にですが、わざわざ会社のために人生かけることもないでしょう。

 

資格の勉強を頑張って会社の給料を少し良くしたところで知れています。勉強というのは具体的な学問だけでなく、収益のメカニズムも勉強です。

 

経済学とも少し違いますし、ある意味心理学なども絡むことになります。明確に体系化されているものでもないのですが、体系化された学問が必ずしも正しいわけではないです。

 

そして、学び考えることが重要なので、転職アドバイザーの全部言う通りは辞めておいて、参考にするということです。

 

相手が勧めるのは相手が入れたい企業である場合が多いので、相談はするものの自分が受ける企業は自分で押した方が良いでしょう。ある程度のアドバイスと、あとは中継ぎ的な役割です。