仕事のストレスで動悸がある時の解消・対処方法 転職サイトに登録して転職アドバイザーの話を聞くのもおすすめです

 

仕事のストレス

管理された競争社会の日本では、24時間会社の管理下に置かれたような気持ちになります。適度な休息が無ければ、自律神経の異常により動悸が起きたりもします。

 

どんな時、最も悪い対処法は、自分が悪いと思い込むことです。同僚はうまく対応しているのに、自分だけが会社に適応できないのは、自分が悪いと考えてしまうことが最も悪いことです。

 

仕事のストレスで動悸がおきる原因

 

会社人間の大量発生

新人で仕事を覚えなければならない一時期を除いて、仕事のストレスで動悸が起きるのは、自分以外のどこかが間違っているという事です。

 

間違いの場所は識者が指摘しています。社会学者の小室直樹氏は、日本社会の病巣は、共同体の崩壊によるアノミー現象だとしています。

 

家や家庭、地域の結びつきと言った本来の共同体は、終身雇用の会社人間の大量発生により壊されました。就職や転勤で、地元の共同体とは関係のないところへの移動を命じられ、自社の利益のみを追及し、社会に利益を還元しないような働き方は、社会を壊してしまいます。

 

優秀な日本人

優秀な日本人

健全な人間や、正常な感覚を持った人間が、そのような環境の中でまともにやっていけるはずはありません。この異常な現象は日本だけのものです。

 

日本社会だけが異常な理由は、日本人の持つ優秀さが原因です。日本人は驚くほどの速さで外国の文化を吸収します。

 

しかも、まじめで、吸収した文化をまじめに社会に落とし込もうとします。明治以降の近代化は途中まではうまく行くかに思えました。しかし、ある時点から文化の吸収及び日本社会への適合が間違った方向へ進んでしまいました。

 

資本主義

近代社会を決定付ける資本主義や自由競争はその背後にキリスト教があります。本来の資本主義では、勤勉に働いて得た過剰な利益は、福祉団体等へ寄付されます。利益を社内だけに溜め込む日本の会社とは本質的に異なります。

 

欧米人は日中には仕事で激烈な競争していても、勤務が終わると家庭人に戻ったり、教会に通う宗教人の一面も持ちます。しかし、まじめ一方の日本人は、資本主義が社会を発展させることに疑いを持たず、24時間資本主義者になってしまいます。

 

これではからだや神経が持たない人が出てくるのは当然のことです。とはいえ、ルネサンス以降に圧倒的なスピードで発展した欧米文化を吸収するのは、日本人にとっても大変なことでした。欧米文化の本質は未だに吸収しきれていない部分があります。

 

また、日本の文化に合わない部分は、無理に日本に導入する必要もありません。今後も日本社会は失敗と反省を繰り返しながら、本来の健全な社会へ戻っていくものと思われます。仕事のストレスで動悸が起きるのは健全な精神を持っている証拠です。

 

ストレスによる動悸はストレスから離れることで治ります。

 

ストレスによる動悸はストレスから離れることで治ります。

社会が健全ではないとわかったら、微力でも社会を健全な方向に導こうとするのが日本人として当然です。

 

ストレスによる動悸はストレスから離れることで治ります。休みをとれる場合はすみやかに取る必要があります

 

休みが取れない環境の場合は転職により環境を変える必要があります。今の仕事をやめても、失業保険等でしばらくは食べていけるはずです。

 

転職サイトに登録し、転職アドバイザーの話を聞くのも薦められます。しばらく休んだらからだは元に戻るはずです。広く社会を見るために国の内外へ旅行するのもお薦めです。

 

困っているのは本人だけではなく、大勢の人が困っています。見聞を広めたら、日本社会に復帰して、日本の改革のために尽力するのが日本人の努めです。しかし、元のように資本主義一辺倒の会社に所属したのでは元の苦しみに戻ってしまいます。

 

次の就職について

 

次の就職では利益のみを追求する会社ではなく、社会貢献を意識している組織で活躍することが望まれます。もちろん、残業や転勤は無く、地域で長く働き続けることのできる組織を選ぶべきです。転職サイトにはさまざまな組織からの求人があります。

 

就職先の条件が賃金の額だけと言うのでは、今まで苦しんできた会社が考えていることと同じになります。自分の力量で、社会を健全な方向に変えていくために、自分にしかできないことを探す必要があります。日本社会は急速に変化しています。
 

転職サイトには転職アドバイザーがいます。

終身雇用や年功序列は過去の遺物になろうとしています。新しい考え方の会社や、社会貢献を目的とした会社も続々と起業しています。

 

そのような会社を探すのにも転職サイトは適しています。転職サイトには転職アドバイザーがいます。

 

現在の働き方に不満を持った転職希望者と多く接している専門家です。良い話が聞けると思って間違いはありません。どうしても納得できる転職先が見つからなければ、クラウドソーシングなどの新しい働き方にチャレンジする方法もあります。

 

クラウド上でもスキルは必要です。しかし、かなりの数の仕事がクラウドによってなされる時代でもあります。自分にしかできない得意な分野を開発し、自由な働き方をすることも可能です。

 

ストレスによる動悸は、このままではいけないというサインでもあります。病んでいるのは日本社会であることを認識し、その回復に自分がいかに貢献できるかを考えるのが正しい道です。