仕事のストレスで限界だと思った時の5つの対処方法 転職サイトにも登録しましょう

ストレスがたまらない仕事はありません。

現代社会においてストレスがたまらない仕事はありません。

 

仕事でのストレスの多くの原因が同僚や上司、部下などの人間関係、長時間労働などの肉体的なもの、売り上げなどの成績の心的負担、ストレスはたまる一方です。

 

けれども人間には限界がありそれを解消しなければたまるばかりです。
もしそれができなければ最後には鬱などの精神にきたしてしまったり、自殺してしまったりとそんな人も少なくありません。

 

ではためたストレスはどのように解消、対処すればいいのでしょうか。5つの対処方法を紹介します。

 

自分をリセットする

 

1つ目は可能であれば有給などをとり、リフレッシュして自分をリセットする。

 

趣味に没頭してみたり、普段眠れないのならば、寝だめしてみたり、行ってみたかった場所に出かけてみたりと好きなことをしましょう。自分のやりたいことをぜひしてみてください。気持ちが少し軽くなりますよ。

 

旅行は良い気分転換になります。

もし、長期間、有給がとれるならばぜひ旅行など遠出に行ってみてください。最高の気分転換になります。

 

褒めてもらう

褒めてもらう

 

2つ目は自分で自分を褒める。家族や身近な人に褒めてもらう。

 

え?と思われる方が多いかもしれませんが大切なことなんです。人間には承認欲求があります。怒られてばかりだと気がめいってしまいます。そんなとき、自分で自分を褒めてみましょう。

 

怒られているときは自分が全て悪いと思いがちですが、あなたにもいい面があるはずです。そこを見つけて褒めましょう。ほめることにより自信を取り戻すことができます。

 

褒める場所がない・・・

褒める部分がない・・・とひどく落ち込んで限界を感じているならば家族などの身近な人に褒めてもらいましょう。自分で見つらけれなかった良い面がみつかるかもしれません。

 

自信を取り戻すことができたなら資格試験などの自分のスキルアップに挑戦してみてください。
視野が広がり、さらに自信をつけることができ、新たな一歩に踏み出せるでしょう。

 

愚痴をいいましょう

 

3つ目は大声を出したり、人に愚痴を話しましょう。

 

言葉にすることはとても大切です。そして声を出すことはストレス解消に大きく貢献します。カラオケBOXなどで好きな歌を歌うのもいいでしょう。意外と一人で行くのもおすすめです。

 

ジャンルを気にせず好きなだけ歌えて、好きなときに休憩ができますし、何よりも気をつかわなくてすみます。
はじめは勇気がいるかもしれませんが、一度やってみるとそのあとは慣れて平気になります。また、話を聞いてくれる仲のいい友達や家族にちょっとお酒でも飲みながら愚痴をいいましょう。

 

気持ちが楽になります。

愚痴は言いすぎると心象がよくないように思われますが、愚痴をいうことで仲を深めたりすることができる場合もあるんです。そして話すことにより自分の中で気持ちの整理ができる上に共感してもらえると気持ちが楽になります。

 

 食べて寝る

 

食べて寝る

4つ目は美味しいものを食べ、家で寝ましょう。

 

当たり前のことですが、現代の忙しい社会人の多くが意外にできていないのも事実です。忙しすぎて家に帰れない、お昼も食べれないくらい忙しい人は一定数います。だからこそ、そんな時間が取れたときはおもいっきり自分を甘やかしてください。

 

気持ちが晴れます。

美味しいものは幸せにしてくれますし、寝ることは疲れをとる最短の方法です。家で集中して眠ることにより、疲れがとれます。肉体的疲労を改善することにより、なんだかイライラやモヤモヤしていた気持ちがすっと晴れることがあります。

 

人間関係はほどほどに

 

5つ目は人間関係はほどほどに。自分の置かれた状況を整理しましょう。

 

仕事において人間関係はとても重要ですが、周りから何かを言われてもすべてを受け止める必要性はありません。もちろん、ミスなど大切なことはきちんと受け止めて処理はしなければなりませんが、仕事に必要でないことは馬耳東風で構わないのです。

 

過度なプライベートな立ち入りや暴言、何かをいわれるだけでなく、挨拶無視や仲間はずれなど程度の低いいじめなど、または聞きたくもない陰口のような誹謗中傷を聞かされるなど疲れる人間関係は山ほどあります。

 

さきほども上げましたが、こんなこと言われているんだ、されているんだとぜひ仲の良い友達や家族など近しい人に相談(愚痴)をしてみてください。我慢したり、自分だけの狭い視野でみてはいけません。会社外の人からみればセクハラやパワハラ、モラハラ、いじめなどの状況に置かれている場合もありますよ。

 

相談してみましょう

そういった場合は会社の相談窓口や国の相談窓口もあるのでそこへ相談してみるのも大切です。仕事は大切ですが、会社の人間関係がすべてではありません。たとえ、関係が良好でも頻繁な飲み会などの付き合いが大変であれば、たまには適当な理由をつけて参加しないこともいいですよ。

 

飲みにケーションと言われますが全てを参加する必要性はありません。歓迎会や送別会、忘年会などの大切なポイントポイントを押さえて自分の時間を作りましょう。

 

まとめ

 

まとめ

上記で色々上げましたが、それでも対処しきれない人間関係、長時間労働などあまりに自分と合わないなら転職をお勧めします。世の中には多くの会社があります。

 

きっとあなたにあう会社がこの世界にはあるはずです。ストレス「0」はむずかしいですが、うまく付き合って充実した日々をすごしましょう。