仕事のストレスの典型的な症状は?

仕事のストレスの典型的な症状は?
仕事のストレスの典型的な症状についてお話します。
人それぞれ社会にでると仕事などでプレッシャーを受けながら日々生活しています。

 

そのプレッシャーがストレスとなり心身をむしばんでいくことがあります。

 

昔と比べて、現代の仕事はいろいろとプレシャーを受けることが多くなってきているのではないでしょうか。

 

肉体的プレッシャー

肉体的に受けるプレッシャーであれば、筋肉痛、肩が凝る、腰が痛いなどわかりやすい症状なので、自己認識もしやすくなります。

 

また、肉体的な疲労であれば、休息を取ったり、病院に行けば少しずつもとに戻っていきますよね。

 

精神的プレッシャー

では、精神的なプレッシャーはいかがでしょうか。精神的なプレッシャーは、自分では気がつきにくいため、知らず知らずとストレスがたまり、心が疲れ切ってしまうというとても危険な状態です。その状態が続くとうつ病と診断される可能性が高まります。

 

具体的な症状

具体的な症状

では、具体的などのような症状がでてくるでしょうか。
まずは、夜寝つきが悪くなる、布団に入ってもなかなか眠れない、夜中目が覚めてしまう、朝起きられなくなるなどの症状がでてきます。

 

なぜ、このような症状がでてくるのでしょうか。それは、日中過度なプレッシャーを受けて動き回り、夜になると心も体も疲れ切ってしまっています。

 

通常、夜になると副交感神経が優勢となり、食後や入浴後などはだんだんと眠くなるのが正常な状態ですが、日中に過度なプレッシャーを受けたり、疲れ切ってしまうと副交感神経がなかなか働かず、夜になっても眠くならない、いざ布団に入っても目がさえてしまうという状態になってしまいまいす。

 

また、仕事で失敗したり、いろいろと悩みごとや考えることが多くなると、常に会社のことを考えてしまっているので、いろいろと考えごとをしてしまい、頭が休まらずなかなか眠くならないのです。

 

一部の学説では

一部の学説では、適度なストレスはいい効果をもたらすことがあるという研究結果がでています。確かに、何もプレッシャーがないより適度にあったほうがいい結果がでるという場合はあると思います。もちろん、個人差はあるのですべての方に当てはまるわけではありません。

 

その他のストレス症状

他に、ストレスの症状としては、自分に過度に自信が持てなくなることです。個人の元々の性格もあると思いますが、自分は何をやってもうまくいかない、自分はだめな人間だ、失敗してばかりだとマイナス思考におちいってしまうのです。この状態で働き続けると、自分にとっても周囲にとってもいい影響はありません。

 

それから、お酒が好きな方であれば飲酒の量、タバコを吸う方は喫煙の回数、甘いものや食べることが好きな方は、食事の量が増えていきます。それは自分の楽しみの一つでもあるので、一概に悪いとは言えませんが、お酒やたばこは適量が良いので、度を越えてしまうと体に悪い影響がでてきます。

 

食事にしても、食べ過ぎはやはり体にはよくありませんよね。飲酒やたばこ、食事でストレスを解消することはできても、今度は逆に身体に影響がでてきてしまいますので注意が必要です。

 

ストレス症状の解消法

ストレス症状の解消法
それでは、この状況を解消するにはどのようなことをすればよいでしょうか。まずは、会社を出たら仕事のことは一切考えないことです。

 

初めはとても難しいことかもしれません。でも、意識的に考えないようにするとだんだんとその習慣が身についてきて、本当に考えないようになります。

 

つい考えてしまうこともあるとは思いますが、意識を他のことに持っていくと、少しずつ変わっていくでしょう。考えないというよりもむしろ、他のことに意識を持っていくというほうが正確かもしれません。例えば、趣味や好きなことがある方は、その趣味について今度これこれしようとか、休日にはあそこに行こうなど自分が楽しいと思うことを考えるのです。

 

そうすると、気持ちが楽になってきて、夜になっても仕事のことは一切考えずゆったりとした気持ちで、快眠を迎えることができるでしょう。これは、訓練ということになるので毎日意識的にやってみるとよいでしょう。

 

会社がない休日

それから、会社がない休日は、自分の好きなこと、できれば外の空気を吸ってリフレッシュできることをしましょう。一番良いのは適度な運動です。家の周りをウォーキングしたり、きれいな空気を吸いに山に登ったり、ジムで汗を流すのもいいですよね。

 

心身ともに健康な状態

身体を動かすことで血のめぐりが良くなり、心身ともに健康な状態に近づけることができます。また、運動することでリフレッシュし頭がすっきりしてくるでしょう。

 

それが気持ちが良くてまた運動して休息してといい循環が生まれていきます。休日にリフレッシュすることで、平日またがんばろうという気持ちにもなれると思います。

 

そうすれば、平日いろいろと大変なことがあっても、また休日になれば楽しいことが待っているという楽しみを期待することになり、気持ちがだんだんと楽になってくるでしょう。とにかく、気持ちを前に前にと楽に楽に保つように意識することが、解消の第一歩と言えるのではないでしょうか。