仕事のストレス相談は誰にすればよい?転職サイトに登録して転職アドバイザーの話を聞くものおすすめです

 

仕事のストレス

仕事は辛いものであるとはよく言ったもので、誰もが大なり小なりのストレスを抱えながら業務を遂行しています。

 

しかし、物事には限度というものがあり、あまりに過大なプレッシャーがかかりすぎると、心身に異常をきたしてしまうのです。

 

常に会社のことを考えるようになったら危険シグナルで、食事や睡眠といった生きるために欠かせない行為すら満足に行えなくなっていく恐れがあります。

 

ストレスの原因を断ち切るのが理想

 

ストレスの原因を断ち切るのが理想ですが、その多くは上司からの嫌がらせにも似た催促や、なかなか対応してくれない取引先といった、ビジネスでやむを得ない事情が絡んでくるので、個人として職場環境を変えていくのは困難です。

 

会社によっては社員向けのメンタルヘルスに力を入れているものの、社内での出世競争への影響や、職場で不要な人材と見なされないための用心として、そう簡単には相談できません。産業カウンセラーなどの専門家と提携していても、会社がお金を出して実施していることには変わりなく、診断内容がそのまま査定の項目として扱われる可能性は否めません。

 

個室で守秘義務がある専門家が相手だからと、うっかり上司の悪口を言ったら、当の本人に筒抜けになっていたという構図では、自分の進退すら考えなくてはいけない状況になってしまいます。もっと疑り深い方では、専門家が診断した内容を利用して、不要になった社員への退職勧告の根拠とすることまで危惧するのです。

 

仕事のストレス相談はする場所に気をつけましょう

 

会社

仕事のストレス相談を会社でするのはおすすめしません

いずれにせよ、仕事のストレス相談を会社が自由に閲覧できる場で行うのは、あまり良い方法ではありません。

 

趣味の場

仕事とは無関係な趣味の場で相談するのも1つの方法ですが、せっかくの休日にあまり親しくない他人に重い相談をすることはマナー違反であり、なおかつ、思いがけぬ方向から会社の人間に相談内容を知られてしまう危険があります。

 

世間は狭いもので、全く無関係に見えても、どこかの人間関係でつながっていることがよくあるので気をつけましょう。

 

インターネット

匿名で利用できるインターネットで憂さ晴らしをしようと考える方もいますが、誰でも閲覧できる環境で実在する組織名や個人名を書いてしまうと、その組織や個人から法的に訴えられてしまう可能性があります。

 

世間話であれば、仮に会社に伝わってしまってもごまかせますが、サーバー上に記録が残っており、書き込んだ端末まで特定できるインターネット上となれば、もう何の言い訳もできません。

 

会社がその気になれば、弁護士を立てての損害賠償の請求や、社内でわざときつい仕事をさせて追い込むなどの様々な方法によって社員を辞めさせられるので、インターネット上であろうともオープンな場では慎重な発言をしましょう。

 

転職アドバイザーに相談しましょう

 

転職アドバイザーに相談しましょう

でも、転職支援を行っている専門業者であれば、それが仕事であるので顧客の守秘義務を守った対応をしてくれます。

 

転職サイトは、現在の会社に加担することはなく、あくまで中立の立場で仕事のストレス相談を受け付けてくれるので安心です。

 

多くの事例を見てきた転職アドバイザーは、一般のカウンセラーとは異なり、ストレスの原因を指摘してくれるから、自分がまともに暮らせる環境になれる職場の条件も分かります。

 

通常のカウンセリングは、ただ相手の話を聞いて同意していく中で自ら気づかせていく形式ですが、どんどん増加していくストレスがある状態では、そんな悠長なことはしていられません。

 

転職することをかんがえてみましょう

根本的な原因を断ち切らなければ、いつまでたっても同じことの繰り返しであり、いずれは疲弊によって増加スピードに負けていく可能性が高いです。客観的な視点によるアドバイスをもらって、現在の会社でこのまま頑張ることと、別の会社に転職することをよく比較してみましょう。

 

先が見えないから余計に辛く感じるという部分もあるので、守秘義務を厳守してくれる転職アドバイザーに相談して、率直に悩みや疑問を打ち明けてみることをおすすめします。

 

予め登録手続きを済ませておかなければいけません。

原則的に転職サイトに登録している方へのサービスだから、早めに自分の職種と相性が良い転職サイトを見つけて、予め登録手続きを済ませておかなければいけません。

 

なかなか休みを取れない忙しい方には電話で話をする方法が向いていますが、意外に集合住宅では音漏れがするので、なるべく転職サイトを運営している会社などの外部に出向いて、防音がしっかりした個室で相談するべきです。

 

少なくとも、周囲に他の社員が住んでいる社宅といった住環境では、自宅やその周囲で転職について話さない方が自分の身を守れます。転職したいと考えるだけでは、何年たっても前に進まないから、自ら行動を起こすことで道を切り開いてみましょう。

 

現在の自分の市場価値と、転職によって得られる効果が判明するだけでも、心理的にかなり楽になります。

 

転職サイトを通してプロに相談するのがポイントで、現在の勤め先である会社が一切知らない状態で進めていけば、自分の弱みを職場の上司や同僚に隠したまま、準備万端整えた上で転職することが可能です。