仕事のストレスでうつ病になった時はどうしたら良い?

 

仕事のストレスでうつ病になった時

仕事に於いて感じるストレスは非常に様々です。生まれつき感性が鋭い人や、また自分の意志をしっかり持っている人ほどストレスを感じやすいものですが、

 

その克服の方法がなかなか見つからない時に、うつ病を発症してしまうことも少なくありません。

 

うつ病は真面目な人ほどなりやすいとも言われ、またうつ病は外から見るとやる気がないように思われてしまうという面も持っています。

 

最近ではこのような症状に対しての理解が進み、仕事を強要されることは少なくなりましたが、それでも中にはうつ病を仮病と断定し強烈にプレッシャーをかけてくる上司もいるので非常に厄介です。

 

うつ病を発症した場合

 

うつ病を発症した場合にはまず医師の診断書を持って会社を休むことが大切です。中にはなかなか会社を休ませてくれなかったり、仮病と断定して成績考課をちらつかせて圧力をかけてくる上司がいる場合も有りますが、そのようなことは気にせず休むことが大切です。

 

実際、うつ病の患者に対して勤務を強要した場合には現在では労働基準法違反になる可能性が高く、またうつ病を発症すること自体が企業に於ける労働条件に問題があると認定される傾向が強くなっています。その為、うつ病と診断されたらまずはその原因である仕事から出来るだけ遠ざかることが大切です。

 

無理をして勤務を続けていると、体調にも大きな影響を及ぼします。ストレスを感じ過ぎていると血圧が高まり、心筋梗塞や脳梗塞になってしまう恐れもあるので注意が必要です。

 

すぐに元の職場に復帰するのは非常に危険

すぐに元の職場に復帰するのは非常に危険

 

しかし、会社を休んでいると、仕事のことが気になるのが普通の感覚です。

 

これはうつ病から回復してきた証拠であり非常に望ましい事なのですが、だからと言ってすぐに元の職場に復帰するのは非常に危険です。

 

最近ではうつ病を含むメンタルヘルスが非常に問題視されており、厚生労働省に於いても企業に対してストレスチェックを義務付け、問題が有る場合には是正措置を提出させるなど労働環境改善に取り組んでおり、企業もこの指導を受けてストレスを与えない職場を作ることが重要になっていますが、

 

仕事を再開した場合にまたうつ病が再発してしまうというリスクは非常に高いのです。

 

それは実際に与えられる外的は要因のほかに、自分自身がまたうつ病になってしまうのではないかという強迫観念から再発してしまうことも少なくありません。その為、その際の対処は非常に難しい物となるのです。

 

うつ病から復帰

 

会社の対応

多くの企業ではうつ病から復帰してきた社員に対しては、今までの業務を与えながらその難易度を低くし、且つ労働時間を短縮させるという措置をとることが多いものです。これは少しずつ慣らしながら本人の耐性を高め、復帰させるという点では非常に良い方法とされています。

 

しかし、この場合に本人の感情によっては、自分の能力の無さを感じてしまいさらに落ち込んでしまうことも有るので十分な注意が必要になります。うつ病になった時には第一に休むということが非常に重要です。大抵の場合、仕事は一人で行っているわけではなく、同僚などのサポートが有るため、自分が休んでもサポートしてくれるものです。

 

休むことも大切

休むことも大切

その為、安心して休むことが大切です。また、休んで回復してきたと思っても、すぐに復帰しようと考えない方が良いものです。

 

身の回りのことでやり残していることなどを完成させてしまう方に気持ちを集中させましょう。うつ病の原因は自分が周囲の人に比べて能力が劣っていると思い込むところにも大きな要因が有ります。

 

成功体験を持つこと

これを克服するためには、まずは自分の中で成功体験を持つことが大切になります。身の回りのことでやり残していることをやり遂げてしまうことで、自分に自信が付き、また様々な問題を積極的に解決していこうとする意欲が湧いてくるものです。

 

断る勇気

また、職場に復帰しても、出来ないことを出来ないという勇気を身に着けることが非常に大切です。会社では上司の命令は絶対であるという話もありますが、現代では作業効率を重要視した業務の進め方が最優先となります。

 

出来ない人間がいつまでもその作業を行うよりも、出来る人間が行う方が効率が良く、また正確に出来るのです。自分で無理をして行おうとせずに、できない物は出来ないと明確に示すことが重要です。

 

まとめ

 

まとめ

最近では、うつ病の他にも様々な問題が企業の中で発生しています。

 

企業内のいじめの問題や、パワーハラスメントモラルハラスメントなどの問題も多く発生しています。

 

その為、企業内に於いてはメンタルヘルスの問題が非常に注目されているのです。

 

その環境整備の為に多くの費用と労力をかけている企業も増えており、うつ病から復帰した際に働きやすい環境づくりを進めている企業が増えています。うつ病で会社を休むことは決して悪い事ではありません。むしろ、我慢して業務を継続する方が効率という面では非常に企業にとってマイナスとなるものです。

 

その為、自分がうつ病ではないかと感じたら専門医の診察を受けることが大切です。そしてまずは会社を休んでゆっくりと休養をとることが大切です。