仕事のストレスで寝れない不眠症になった時の対処方法 転職サイトに登録して転職アドバイザーの話を聞くのもおすすめです

 

仕事のストレス

他人の都合で動くことが多い仕事では、慣れないうちは要領をつかみにくく、どうしても後手に回ってしまいます。

 

でも、長く勤めていく中で、その会社の社風に慣れていき、同時に配属された部署の関係者にどう接すれば良いのかを学んでいくのが通常の流れです。

 

本来ならば、勤続年数に正比例して負担が少なくなっていくのですが、職場で評価されずに後輩に追い抜かれてしまった場合や、必要とされる人数に達していない状態での勤務では、ストレスが飛躍的に増大していきます。

 

過度なストレスを受け続けると ・・・・

 

不眠症

人間はある程度の負担には耐えられる構造になっているとはいえ、あまりに過度なストレスを受け続けると、いくら勤務外で趣味などの活動に励んでも追いつかなくなってしまうのです。過度なストレスを常態的に抱えてしまった人間に発生する現象として分かりやすいのが、

 

ぐっすり寝るための時間帯に寝られなくなってしまう不眠症となっています。不眠症はジワジワと心身を蝕んでいく病気であり、心療内科などのメンタル系の診療科目に分類されているのが特徴です。

 

治療法

治療法

治療方法としては主に投薬療法であり、睡眠導入剤といった各種の薬剤が処方され、担当医の指示に従って服用します。

 

ところが、医師はあくまで不眠症の症状だけを見ているので、基本的に症状が緩和されるまで薬剤を増やしていく方針になりやすくなってしまいます。

 

そもそも仕事によって一度に許容できる範囲を超えた負荷がかかっているのに、ただ薬剤を強められてしまっては、根本的な原因を解決しないまま目先の治療に依存してしまう危険性があることは、そのまま看過するには大きな問題です。

 

むろん、身体のどこかに異常がある場合は、信頼できる医療機関で診察を受けるべきですが、メンタル的な問題では本人の主観も大きく関係してくるので、医師といえども対処療法にならざるを得ない部分があります。

 

眠れない理由

睡眠とはデリケートな行為であり、体が疲れすぎている状態、あるいは、局所的に痛んでいる状態では、とても熟睡できません。それと同様に、あまりに大きな悩みがある状態でも、脳が緊張したままになってしまって、寝られないケースが見られます。

 

日本では精神論が通りやすく、すぐに甘えといった表現をしたがりますが、自分自身を労わることは当然の行為であり、他人の言うがままに無理をしたところで、誰も責任などとらないのが現実です。

 

一番の問題点は、仕事のストレスを生み出している現在の職場であり、仮にその原因を作り出している上司などに相談したところで、査定を下げられるか、配属替えによってより悪い待遇になってしまいます。

 

転職サイトを利用する

 

まずは登録

まずは登録

転職サイトに登録して、もっと自分に向いている職場を探すことこそ、寝られないほどの仕事のストレスをなくせる数少ない手段の1つです。

 

後先を考えないのならば、ただ現在の職場を辞めてしまう方法もありますが、それでは自分が生活していくだけのお金を稼げなくなってしまいます。

 

現実的な手段は、睡眠不足によって思考力までも奪われないうちに、豊富な求人を扱っている転職サイトに登録して、具体的な転職活動を開始することです。

 

日本には職業選択の自由があり、いつでも自分から辞める権利を行使できることを覚えておきましょう。転職サイトに登録するメリットとしては、適切な転職活動を実現するためのサポーターである転職アドバイザーへの相談も挙げられます。

 

自分のすべき行動を整理しましょう。

はじめての転職活動ともなれば、何をどうしたら良いのかすら分からないのが当たり前だから、まず転職アドバイザーに相談してみて、今の自分が行うべき項目を整理してみることをおすすめします。

 

たとえば、交代勤務によって昼勤と夜勤を交互に入れ替えている職場では、生活リズムが短期間で変わることから不眠症になりやすく、昼勤だけの仕事に変えるだけで不眠症が解消する可能性があるのです。

 

追い詰められていると無意識に同じ思考がループする状態になりやすいので、中立の立場である転職アドバイザーの話を聞いて、どのような選択肢があるのかを確認してみましょう。すぐに転職先が見つからなくても、現状から脱出できる可能性ができるだけで、仕事のストレスは大きく減少します。

 

転職活動を検討しましょう。

転職活動を検討しましょう。

慢性的な不眠症は個人の努力だけでは解決しにくいから、転職サイトに支援してもらっての転職活動を検討してみるべきです。

 

十分な時間の睡眠がとれないままでは、体力回復が進まないことから心身に深刻な影響が出てきてしまうため、できるだけ早く行動を開始する必要があります。

 

寝不足のまま放置していると、長期入院を強いられるほどの症状や、自律神経の変調による精神への悪影響すら懸念されるので、根性論で乗り切ろうとするのは悪手です。まだ働ける状態で転職してこそ、はじめて不眠症に悩まされない健康な体を取り戻せるので、手遅れにならないうちに転職のプロに相談してみましょう。

 

転職活動には相応の時間がかかることを踏まえつつ、この機会に自分を大事にできる職場への転職を真剣に考えてみましょう。