人間関係の無い、少ない仕事おすすめランキング 転職サイトに登録して転職アドバイザーの話を聞くのもおすすめです

 

毎日の仕事の中で人間関係に疲れ、嫌気がさす

毎日の仕事の中で人間関係に疲れ、嫌気がさしている人も世の中で少なくないと思われます。

 

会社に行けば上司がいます。課長にに部長、取締役など、自分の上に立つ人の職務命令には従わなければなりません。

 

なかには理不尽な命令を突き付けられ、うまくいけばいいのですが、失敗でもしようものなら責任を負わされる。当然、怒りがこみ上げてきますし、ストレスもかかってくるでしょう。

 

ストレスのある環境からの脱却

 

ストレスは万病の元とも言われるだけに、この状態をなんとかして脱却し健康な体を維持することが大切です。煩わしい人間関係から解放され、毎日を優雅に過ごす、これは誰もが理想とするところです。しかし、一般的に、社会は人間と人間の関わり合いやネットワークの中で成立しているものです。

 

これを断ち切って理想の仕事を見つけるのは容易ではありませんが、次に掲げる仕事は、およそ人間関係やストレスから解放され、比較的容易に職に就くことが可能です。この中には、世間一般が認めてくれないようなものもありますが、それはお金を安定的に得るための手段と割り切ってご検討いただきたいと思います。

 

先ずはギャンブル的要素の強いものの中から、仕事として成立するものを記します。

 

競馬

第一に、競馬です。以前、関西地区の方で統計的な手法を駆使して1億円近くの純利益を上げていた方が存在しました。

 

裁判で外れ馬券が経費と認められるかが争われ、最終的に経費と認められたのですが、コンピュータが発達した今日では、自分なりの勝ちパターンを見つけ、年間に400〜500万円を稼ぐことは不可能ではありません。

 

人間が相手ではなく、データと統計を利用するという点で、人間関係もストレスも少ない仕事の一つと考えられます。

 

数字を用いた宝くじ

数字を用いた宝くじ

また、ミニロトやナンバーズ、これら数字を用いた宝くじでも、同じような統計的な手法を使えば、利益は出ます。数字はうそをつきません。

 

さいころを何度も振れば、必ず出る目が平準化するように、長期的な視点で投資を行えば、理論上、出てくる目を予想することは可能なのです。

 

実際に、相応の年収を得るまでにはノウハウを蓄積する必要があり、時間がかかることはやむを得ないとお考えください。

 

株式投資やFX

次に、多くの方が実践しているものに、株式投資やFXがあります。後者は比較的リスクが大きいため、前者について考察してみます。株式は安値で購入し、ある一定の利益が出た時点で売却するという、至ってシンプルなものです。

 

日々の新聞情報や企業に関する情報などを確保しておく必要があり、経済を学ぶという点では良い勉強になると思われます。また、勉強すればするほど収益につながるという点では、努力のし甲斐があるのではないかと考えます。

 

自分なりの理論や方法を会得すれば、株式評論家としても活躍できる可能性を秘めています。勉強がストレスになるという人にはあまりお奨めできませんが、これで食べている人は世の中に大勢いることは確かです。

 

 

次は、人間関係がなく、比較的真面目な視点からのおすすめの仕事です。

 

自動車産業や家電メーカーなどの期間工

それは、自動車産業や家電メーカーなどの期間工です。期間従業員とも呼ばれます。この業務内容は、工場の生産ラインの中に入って、黙々と生産作業を繰り返すもので、人間相手の業務ではありません。

 

恵まれた職場の一つ

慣れるまでは先輩職員の指導がありますが、会社のようなヒエラルキーで構成された組織とは違いますから、人間関係を気にするのは最初のうちだけです。

 

寮費がかからない、食費も一定額が支給され、土日の休みは確保されているという点では、恵まれた職場の一つといえます。

 

参考までに、トヨタ自動車の期間従業員などは、贅沢をしなければ年間で200万円以上の貯金が十分に可能だとの体験談もあります。社会的にも認められた、人間関係の少ない、お奨めナンバーワンと言っても過言ではありません。

 

在宅ワーク

さらに、在宅で業務をこなすものもあります。そのひとつに執筆活動があり、これはshinobiライティングなどがおすすめです。パソコンやスマートフォンがあれば月に10万円以上を稼ぐことも容易にできます。自宅に居ながらにしてお金を稼ぐことができ、勤務時間も決まっていません。ストレスなど皆無といえるものです。

 

まとめ

 

まとめ

さて、これまで挙げてきたものは、一長一短があるのも事実です。自分に合っているかどうか、自分の能力で可能かどうか、また、希望する内容に合致しているかなどは、自分で判断する必要があります。

 

自分で判断できないようならば、転職アドバイザーという方に相談に行くのも好ましい手段と考えられます。

 

なぜなら、彼らは、あなたの資質や能力・知識・経験を総合的に考慮して、第三者というニュートラルな立場から助言を行ってくれるからです。

 

自分自身で確固とした意志を持ち、こういう道に進むという強い決意があるならともかく、先ずはアドバイザーの意見に耳を傾け、そこから第一歩を踏み出してみても遅くはありません。

 

忘れてならないのは、第一歩を踏み出すのはアドバイザーではなく、あなた自身です。あなたの決断からすべてがスタートする、このことを肝に銘じておく必要があります。